ゲームGPU 検索結果 4120

 tg2 f2 lin2 in2 ×アイコン3 y2  p2 ティック steam2

MDA - IBM PC コンピューター用の最初のビデオ アダプター

これは、1981 年に IBM によって標準のビデオ アダプターとして、またそれに接続されたモニターの標準として導入されました。 MDA はグラフィック モードをサポートしていませんでした。 唯一許容できるビデオ モードはモノクロ テキスト モード (ビデオ モード 7) で、画面上に 80 列 25 行の文字マトリックスを表示しました。

1

80 行あたりの文字数と画面あたりの行数が非常に多いビデオ モードが人気を博しました。 この結果、たとえば Linux カーネル ソースは、各行が 9 文字を超えないようにフォーマットされているため、テキスト モードで問題なく表示できます。 文字を表すために 14x7 ピクセル マトリックスが使用され、文字の可視部分は 11x6845 として構成され、残りのピクセルは行と列の間の空きスペースを形成するために使用されました。 標準の MDA ビデオ アダプタは Motorola 4 チップに基づいており、50 KB のビデオ メモリを備えていました。 掃引周波数は XNUMX Hz で、動作には長持ちする蛍光体を備えたディスプレイが推奨されました。

ALT

各文字には、非表示、下線付き、標準、明るい (太字)、反転、点滅の属性があります。 これらの属性の一部は組み合わせることができ、たとえば、太字 (太字) と下線付きの文字で構成されるテキストを取得できます。 理論的には、MDA 画面の解像度は 720×350 ピクセルでした。 この数値は、9 文字の幅 (80 ピクセル) に列の数 (14) を掛け、文字の高さ (25 ピクセル) に行の数 (XNUMX) を掛けることによって得られます。
ただし、MDA ビデオ アダプターは個々のピクセルに対応できず、テキスト モードで動作し、256 文字のうちの 437 つをそれぞれの親近感に配置できました。 MDA はコード ページ CPXNUMX を使用しました。 シンボル イメージはビデオ アダプタの ROM に保存され、プログラムで変更することはできませんでした。 画面に「グラフィック画像」を描画する唯一の方法は、ASCII または ANSI グラフィックを使用することです。 IBM がリリースしたオリジナルの拡張カードには、MDA ビデオ アダプタに加えて、パラレル ポート コントローラが含まれており、そのようなカードの正式名称は「モノクロ ディスプレイおよびプリンタ アダプタ」(MDPA) - モノクロ ディスプレイおよびプリンタ アダプタでした。 このようなカードを使用することで、コンピューターの所有者は、プリンターを接続するために別の拡張カードを購入する必要がなくなりました。

ビデオ カードの D-sub 9 ピン (DE-9) コネクタ。 接続された嵌合コネクタの側面から見たコンタクトの図。 XNUMX 番目のピンは右上、XNUMX 番目のピンは左下にあります。

ALT

コメントを追加します