enfrdeplesuk
検索結果 4120    tg2 f2 lin2 in2 ×アイコン3 y2  p2 ティック steam2

天国のベンチマーク DirectX 11

AMD Evergreen グラフィックス チップの世代は、少なくとも 5800 つの価格帯 (中価格帯と高価格帯) でユーザーに提供されています。 Radeon HD 5700 シリーズは、Radeon HD 11 シリーズとはパフォーマンスが大きく異なりますが、同時に、DirectX XNUMX API セットのすべての機能をサポートするという共通点が XNUMX つあります (このプログレッシブ API の詳細については、 Microsoft から、 材料)。 ただし、サポートはありますが、DirectX 11 を使用するゲーム アプリケーションはまだ非常に少ないです。 もちろん、これは時間の問題ですが、それでも私は今、同じハードウェアのテッセレーションを見たいと思っています。

ユニギン株式会社は、DirectX 11 をサポートする最初のベンチマークである Heaven Benchmark を発表しました。 このソフトウェア製品は、新しい API の製品をまだ提出していない Futuremark にある程度挑戦しています。 Heaven Benchmark は、DirectX 9/10/11 と OpenGL の両方をサポートする Unigine エンジンに基づいています。 ノベルティの簡単な特徴は次のとおりです。

  • ベンチマーク モード;
  • ポリゴン表示モード。
  • テッセレーション技術の使用;
  • SSAO (スクリーン スペース アンビエント オクルージョン) アルゴリズム;
  • 天国のベンチマークの仮想世界を散歩する能力。
  • クラウドは、新しい物理的に正確なアルゴリズムに従って生成されます。

テストに直接進む前に、いくつかのスクリーンショットを使用してテッセレーション テクノロジの機能を理解することをお勧めします。

Heaven Benchmark DirectX 11: 第一印象

テッセレーションを有効にすると、絵が全然違います。 最初に目を引くのはタイルです。 さらに、ボリュームが増した、というかリアルになっただけでなく、正しく影を落とします。 レンガ造りだけでなく、煙突も変更されています。 一般的に、すべてがより信頼できるように見えます。

Heaven Benchmark DirectX 11: 第一印象

別の素晴らしいスクリーンショット。 ボルトに注意。 これは単なるテクスチャではなく、オブジェクトです。 コルゲートホースが新しくなり、影の形が変わった。 「正しい」タイルが背景に描画されます。 そして今、そのような美しさがどのように達成されるかを示す一連のスクリーンショット.

Heaven Benchmark DirectX 11: 第一印象

テッセレーションが有効になっているポリゴンの数は驚くべきものです。

Комментарии(0)