ゲームGPU 検索結果 4120

 tg2 f2 lin2 in2 ×アイコン3 y2  p2 ティック steam2

NVIDIA、Linux の GPU のオープン カーネルへの切り替えを発表

NVIDIA は、Linux オペレーティング システムのドライバー ポリシーの大幅な変更を発表しました。新しい R560 シリーズ ドライバーのリリースにより、NVIDIA は GeForce RTX 20 以降のグラフィックス カードに対してデフォルトでオープン GPU コアの使用を開始します。このソリューションは開発者に新たな機会をもたらし、NVIDIA 製品の Linux エコシステムへの統合を改善します。

リック・ツァイ・ジェンセン・ファン・スケーリング

この時点まで、NVIDIA アーキテクチャは独自のモジュールで実行されていたため、オープン ソース ソフトウェアの開発と操作が困難でした。ただし、新しいアップデートにより、NVIDIA は Linux 上で製品を使用するエクスペリエンスをよりオープンでアクセスしやすくすることに取り組んでいます。また、これにより同社は、オープンドライバーを使用する長い歴史があり、Linuxユーザーの間で大きな市場シェアを持っているAMDと競争することも可能になる。

発表によると、.run ファイルからインストールするときにサポートされている GPU が検出された場合、インストールではデフォルトでオープン カーネル モジュールが使用されます。ただし、ユーザーは --kernel-module-type=proprietary コマンド ライン オプションを使用して独自のモジュールをインストールすることを選択できます。

この変更は開発者コミュニティに歓迎されており、オープン開発のサポートを向上させる NVIDIA の大胆な一歩を表しています。将来的には、NVIDIA アーキテクチャが新しいオープンソース ドライバーに完全に移行し、競争が激化し、プラットフォーム全体でドライバーのサポートが向上すると予想されます。

ソース GameGPU.tech

Комментарии(0)